にきびの原因4つ

にきびの原因は、皮膚に3つ、体内に1つあります[:聞き耳を立てる:]

にきびは必ず毛穴にできます。

1 皮膚にある角質
にきび肌の方は「異常角化」と言って、角質が毛穴をふさぐような性質のお肌です。
この不要な角質を取り去り、毛穴をきちんと開けてあげることが大切です。
(もちろん、必要な角質まで取り去ってはだめですよ[:ショック:])

2 皮脂腺
にきび肌では、異常角化により毛穴がふさがれているので、
皮脂はたまっていく一方なのです。

3 アクネ菌
アクネ菌の好物は「油」です。
たまりにたまった皮脂腺、大好物です。
それと、アクネ菌には「嫌気性」という性質があり、空気を嫌います。
異常角化で毛穴がふさがれていると、空気に触れない環境となり、アクネ菌大喜び![:怒り:]

4 男性ホルモン

これが体の内側にある、にきびの原因です。
女性も男性ホルモンを持っています。
特に月経前ではホルモンバランスが狂いやすく、
男性ホルモン優位となって「生理前にきび」ができるのです[:バッド:]

皮膚科で行うケミカルピーリングでは、
上記3つの「皮膚にある原因」が取り除けます。
異常角化を取り去り、皮脂を除去し、アクネ菌を殺菌できます[:拍手:]

男性ホルモンを抑制するには、低容量ピルの一種が効果的です[:OK:]

また、睡眠不足[:ムニョムニョ:]、暴飲暴食[:ビール:]、人間関係のストレス[:悲しい:]などは、
交感神経優位となり、男性ホルモンの分泌を促します。
リラックスした生活が重要なことがわかります[:OK:]

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)