トランシーノは効くのか?

肝斑に効果があるトラネキサム酸内服[:聞き耳を立てる:]
今までは病院でしか処方してもらえませんでしたが、
今は「トランシーノ」という名前で一般販売され、
薬局で購入することが可能になりました[:拍手:]

しかし、効果がいまいちわからないと言って中途でやめたり、
飲んだり飲まなかったりと、いいかげんに内服する人が多い様子[:しょんぼり:]

私は「トランシーノ」が発売されると知ったとき、
病院に来る患者さんが減るかも・・・と
思ったのですが、逆に増えました。

「トランシーノを飲んでいるのですが、
シミが減っているのかどうだかわからないんです」

「トランシーノを飲んでいるのですが、
薬局で2ヶ月以上飲まないように、と言われました」

「トランシーノは肝斑にいいとのことですが、
私のこのシミが肝斑かどうかがわからないんです」

とのことです。

まず、肝斑は診断が難しいシミです。
目の下の頬骨部分にぼんやりと広がるシミと言われていますが、
鼻下に出ることもあれば、フェイスラインに出ることも。
また、こめかみから髪の生え際あたり、眉上に出ることも。
皮膚科医でも診断に悩むことがある肝斑を、一般の方に自己診断しろ、、、と言うのは難しすぎる!

次に、肝斑を内服で治療しようとすると、
最低でも一ヵ月半かかります。

そして、病院で内服治療する場合、1年以上内服を続けてもらうことが多いです。
しかし、トランシーノの注意事項欄には「2ヶ月以上は飲まないでください」と書かれてあります。
自己診断のもとトランシーノをずーっと飲み続けることはリスクがあるかもしれない、ということです。
医師の診察・指導のもとでなら、飲み続けられるわけです。

ほかに、肝斑の色自体が「薄ぼんやりとした茶色」
なので、シミが本当に薄くなってきているかどうか
自分でもとらえにくい、という点があります。

病院では特殊なシミ測定器を用いて色素値を計りますから[:見る:]
客観的にシミが薄くなっていくことがわかります。

ちなみに、トランシーノはトラネキサム酸の含有量としては
一日換算で750mgですから治療用としては十分だと思います。

「効くはず!」なのですよ。本当は[:嬉しい:]

クリニックでの肝斑治療では、皮膚科の先生により処方量は異なります。
一日500mg?1500mgの範囲でいろいろですね。
私は一日1000mgを処方しています。
そのほかにもいろんな薬剤やビタミン剤も一緒に処方します。
塗り薬も一緒に。
これが、美容皮膚科医の腕の見せ所ですね[:ハート:]

ブログランキング

女医開発コスメ詳細は「美肌道」へ
女医のコスメ屋さん「美肌委員会」へ